国際会議IWAIT2023(韓国・済州島)

松尾瑠惟君,岡崎海大君が国際会議IWAIT2023(韓国・済州島)で発表しました.

  • R. Matsuo, K. Yotsumoto, H. Kawanobe, M. Nakashima, and M. Hasegawa, “Proposal for Predicting the Facial Brightening Effect of Cosmeceuticals Using Deep Learning,” International Workshop on Advanced Image Technology 2023 (IWAIT 2023), Poster, Jeju, Korea, Jan. 2023.
  • K. Okazaki and M. Hasegawa, “Study of Meniscus Height Measurement for Dry Eye Detection Using Smartphone Camera and Ring Light,” International Workshop on Advanced Image Technology 2023 (IWAIT 2023), Poster, Jeju, Korea, Jan. 2023.

https://iwait.online/

修士1年の岡崎です.今回初めての国際発表でしたが,ポスターセッションだったためか,あまり緊張せず発表できました.発表の際には,シンプルに提案手法が従来手法に比べてどれだけ優れているか意識して相手にお話しました.発表を聞きに来てくれた方から,お褒めの言葉をいただいた時は,研究をやってて良かったと思いました.また夏に済州で学会があるのでその時は水着を持って行こうと思います!

広告

映像情報メディア学会冬季大会

松尾瑠惟君が映像情報メディア学会冬季大会(東京理科大学)で発表しました.

松尾瑠惟,四本健介,川野辺弘子,中島めぐみ,長谷川誠,”深層学習を用いた皮膚のカラー画像からメラニン画像の生成,”映像情報メディア学会冬季大会,11B03,Dec. 2022.

https://www.ite.or.jp/winter/2022/

修士2年の松尾です.今回は初めて国内発表をしました.対面で発表することが初めてでもあったのでとても緊張しましたが,無事発表を終えることができました.質問していただいたことから,研究課題について考える機会となりました.改めて研究に協力していただきました皆様に感謝申し上げます.ありがとうございました.

IMG_0464

メタバースで研究紹介

11月5日,6日に学園祭が開催されます.画像処理研究室へお越しください.メタバース(Cluster)でも研究紹介イベントを開催します.メタバース(Cluster)へは,パソコン,スマホ,MetaQuestなどを使ってアクセスすることができます.

(イベント時間以外はこちら)https://cluster.mu/w/e993abf1-8e9f-47dd-ae62-3560e107a197

5日10時ー14時 https://cluster.mu/e/be07cec5-3519-4cd5-a747-3e3b7f75e7ef

5日14時ー18時 https://cluster.mu/e/167ce928-083f-4057-8cb5-8f77b70bb04b

6日10時ー14時 https://cluster.mu/e/0326ff8b-934b-4938-a834-66678e8cf5ba

6日14時ー18時 https://cluster.mu/e/f7ccf7d4-89e3-412f-bd05-bbb8c067e185

メタバースによる映像資産からの3次元バーチャル復元

第二次世界大戦の前,1940年代,東京の映像から静止画像を切り出してMetashapeで3Dを構築し,さらにunityからclusterに転送してメタバースのワールドをつくってみました.古い映像資産から,その街を歩いてみることができます.
https://cluster.mu/w/e840da39-0abf-410b-a046-43de341f7797
(古い映像はここから)
https://www.youtube.com/watch?v=0QpGPAlLhss&t=15s

(関連発表論文)
〇 高橋尚紀,長谷川誠,”古い映像資産からの3次元復元についての検討,”映像表現・芸術科学フォーラム2019(Expressive Japan 2019) ,早稲田大学,Mar. 2019.
〇 N. Takahashi and M. Hasegawa, “A Study on Three-dimensional Computer Graphics Reconstruction from a Historical Old Video,” International Conference on Image Electronics and Visual Computing (IEVC 2019), Poster, Indonesia, Aug. 2019.

メタバースによるバーチャル歴史的建造物(高橋是清邸)

東京都小金井市に江戸東京たてもの園という野外博物館があります.現地保存が不可能な文化的・歴史的価値の高い建造物を移築・復元し,保存・展示することにより,貴重な文化遺産として継承することを目的としています.そして,この施設には,明治から昭和のはじめにかけて日本の政治を担った高橋是清の住まいがあります.この建物の周りを歩きながら100枚の写真を撮影し,この写真からRecapPhotoで3Dを構築し,さらにunityからclusterに転送してメタバースのワールドをつくってみました.

https://cluster.mu/w/7779b96e-e0cf-491e-8597-a6ce61e73935

https://www.tatemonoen.jp/

メタバースによる災害可視化実験

ea8eb872-5466-4673-96ec-9a36efa821c2「そなエリア東京」の災害モデルを撮影した写真からRecapPhotoで3Dを構築し,mayaからunity,そしてclusterに転送してメタバースのワールドにしてみました.
https://cluster.mu/w/9d2837ad-f323-436d-8226-b54405f7eac0
https://www.tokyorinkai-koen.jp/sonaarea/

被災者が撮影した映像が,災害現場を把握するのに重要な貴重な第一報となります.被災者が撮影した映像から,複数枚の静止画を切り出して,それらをコンピューター処理することによって,災害現場を3次元コンピューターグラフィックスで可視化することができます.3次元で立体的に可視化することで,災害状況を詳細に把握することが可能となります.また,がれきなどの重量を推定することも可能であり,復旧の手助けにもなります.

(関連発表論文)

  • W. Chen, S. Ihara, and M. Hasegawa, “Proposal of a Rescue Operation Support System based on 3D Reconstruction, GPS, and Digital Pen,” International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2020), Proc. of SPIE, Vol. 11515, 115152I, Indonesia, Jan. 2020.
  • W. Chen, S. Oono, S. Ishihara and M. Hasegawa, “A Study on Rescue Operation Support Systems Using 3D Reconstruction of Disaster Scenes with Human Cooperation via Digital Pen and Dot Screen,” Joint International Workshop on Advanced Image Technology and International Forum on Medical Imaging in Asia (IWAIT-IFMIA2019), Poster, Nanyang Technological University, Singapore, Jan. 2019.

メタバースによる研究紹介

a30013d6-e1e0-4fd5-a7e3-8e40d8f56f8eメタバースプラットフォーム「Cluster」で研究紹介をしています.是非,見に来てください.(途中入場・退出可能,入退出記録せず)

https://cluster.mu/w/e993abf1-8e9f-47dd-ae62-3560e107a197

〇 アバター(VRM形式)の作成ツール
https://vroid.com/studio
〇 既成アバターのダウンロード
https://hub.vroid.com/
〇 バーチャル渋谷(おすすめのワールド)
https://cluster.mu/w/79347fb9-05f5-429e-ab5f-8951ee8cd966

電子情報通信学会総合大会 ISSジュニア&学生ポスターセッション

岡崎海大君が電子情報通信学会総合大会ISSジュニア&学生ポスターセッションで発表しました.コロナウイルス対策のためテレビ会議システム(ZOOM)を用いて実施されました.

岡崎海大,木暮秀則,兼本猛,石田勝優,長谷川誠,”異常検知深層学習モデル GANomalyを用いた液体小袋の外観検査,”電子情報通信学会総合大会,ISSジュニア&学生ポスターセッション,ISS-SP-012,オンライン開催,Mar. 2022.

学部4年の岡崎です.今回で2回目の学会発表でしたが,前回とは違いオンラインでポスター発表でした.1分間で自分の研究内容を審査員に伝えることが難しかったです.また,聞いてくれる方に対してどのようにポスターを見せ,相手に伝わるのか大変勉強になりました.大学院生での学会発表では今回の経験を活かして発表したいと思います.

国際会議IWAIT2022(Hong Kong・オンライン)

松尾瑠惟君が国際会議IWAIT2022(Hong Kong・オンライン)で発表しました.コロナウイルス対策のためテレビ会議システム(ZOOM)を用いて実施されました.

R. Matsuo and M. Hasegawa, ”Quantification of Skin Using Smartphone and Skip-GANomaly Deep Learning Model in Beauty Industry,” International Workshop on Advanced Image Technology 2022 (IWAIT 2022), Poster, Hong Kong, China, Online, Jan. 2022.

修士1年の松尾です.今回は香港で開催される予定の学会でしたが,コロナの影響でオンラインでのポスター発表となりました.楽しみにしていたので少し残念でしたが,オンラインでの発表にも慣れ落ち着いて発表することができました.研究について説明したり様々な意見をいただき,自らの研究の今後についても考えることができる機会となりました.このような機会を与えてくださった長谷川先生に感謝いたします.ありがとうございました.