国際会議IWAIT2021(鹿児島・オンライン)

徳家礼応君,洪雨婷君が国際会議IWIT2021(鹿児島・オンライン)で発表しました.コロナウイルス対策のためテレビ会議システム(ZOOM)を用いて実施されました.

  • R. Tokuke, H. Kogure, T. Kanemoto, and M. Hasegawa, “Performance Evaluation of Liquid Pouch Inspection Using Conventional Deep Learning Models,” International Workshop on Advanced Image Technology 2021 (IWAIT 2021), Poster, Kagoshima, Japan, Online, Jan. 2021.
  • Y. Hong and M. Hasegawa, “Study of Minor Dry-Eye Detection Using Smartphone Camera Based on Deep Learning,” International Workshop on Advanced Image Technology 2021 (IWAIT 2021), Poster, Kagoshima, Japan, Online, Jan. 2021.

修士1年の徳家です。今回で2回目となる国際学会での発表となりました。コロナの影響でzoomでの参加となりましたが、オンラインによるメリットやデメリットを改めて感じさせられるものとなりました。メリットは気軽に参加できる点です。登録さえできれば自宅から学会に参加できるので遠出の準備をする必要がありません。対してデメリットはface-to-faceが感じられにくい点です。カメラをオフにした状態で発表を聴く、質問している方が何人かいました。また、発表中は画面を共有するため他人の顔が見れないという問題にも直面しました。やはり顔が見れないと発表している内容が相手にしっかり伝わっているのか不安になります。面と向かって話すことの大切さを改めて感じることができました。コロナ禍による急な対面授業やコロナ対策で忙しい中、研究のサポートや学会の機会を与えてくださった長谷川先生、そしていつも支えてくれる家族に感謝いたします。ありがとうございました。

4年生のコウウテイです,初めて国際会議でポスタープレゼンテーションをしました.英語での発表はとても緊張しましたが,自分なりに努力し,良い発表をできたと思います.また,参加している研究者,他大学における先生からの質問を受けることができまして,この質問は将来の研究のヒントにもなり,非常に貴重な経験でした.この機会をいただきました長谷川先生に感謝を申し上げます.誠にありがとうございます.これからもこのような機会がありましたら,是非参加したいと思っております.

国際会議IEEE ICMLA2020(米国フロリダ・オンライン)

高松真君が国際会議IEEE ICMLA2020(米国フロリダ・オンライン)で発表しました.今回は,コロナウイルス対策のためテレビ会議システム(ZOOM)を用いて実施されました.

  • M. Takamatsu and M. Hasegawa, “Architecture for accurate polyp segmentation in motion-blurred colonoscopy images,” 19th IEEE International Conference On Machine Learning And Applications (ICMLA 2020), Oral, Florida, USA, Online, Dec. 2020

https://www.icmla-conference.org/icmla20/index.html

修士一年の高松です.今回は,ビデオ会議での国際会議ということで緊張しましたが,万事うまく行きました.せっかくのマイアミにいく機会がなくなってしまったことは残念ですが,ぜひ彼女とプライベートで訪れてみたいと強く思いました.今回の研究成果を,さらに発展させます.

国際会議ITC-CSCC2020(名古屋・オンライン)

松尾瑠惟君,長谷川誠君が国際会議ITC-CSCC2020(名古屋・オンライン)で発表しました.コロナウイルス対策のためテレビ会議システム(ZOOM)を用いて実施されました.

  • R. Matsuo and M. Hasegawa, “Study of UV Skin Image Generation from an RGB Color Image with Deep Learning for Beauty Industries,” International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2020), Poster, Nagoya, Japan, Online, pp. 421 – 425, July. 2020.
  • M. Hasegawa, H. Kogure, and H. Dobashi, “Study of Visual Inspection for Liquid Pouches Using Deep Learning,” International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2020), Poster, Nagoya, Japan, Online, pp. 426 – 430, July. 2020.

https://www.ist.aichi-pu.ac.jp/lab/qua/itc-cscc2020/

学部4年の松尾です.今回初めて国際会議でポスター発表をしました.コロナの影響もあり今回はZoomでの発表でした.英語での発表ややり取りはすごく緊張しましたが,簡単な単語に言い換えたりしてなんとか答えることができました.研究に対する様々な意見を聞くことができ多くのことを得られる経験となったと思います.このような機会を与えてくださり多くの面でサポートしてくださった長谷川先生に感謝いたします.ありがとうございました.

国際会議IWAIT2020(インドネシア・ジョグジャカルタ)

陳巍中君と張紫雲君が国際会議 IWAIT2020(インドネシア・ジョグジャカルタ)で発表しました.

  • W. Chen, S. Ihara, and M. Hasegawa, “Proposal of a Rescue Operation Support System based on 3D Reconstruction, GPS, and Digital Pen,” International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2020), Indonesia, Jan. 2020.
  • Z. Zhang and M. Hasegawa, “A Study on Thermal Image Generation Based on Deep Learning – Evaluation and Abnormal Temperature Detection-,” International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2020), Indonesia, Jan. 2020.

https://iwait.online/

修士1年の張紫雲です.今回は初めての国外発表なので、とても緊張しました。事前準備や練習を何度も行って、徐々に自信がつきました.自分の研究発表を聞きに来てくださった皆様ありがとうございました.たくさんのアドバイスや質問をいただいて、貴重な経験になりました.この機会に世界遺産のボロブドゥール遺跡やプランバナン寺院を観光して、本当に嬉しかったです.最後に、長谷川先生をはじめ、協力やアドバイスをくださった研究室のメンバー、ありがとうございました.

国際会議IEVC 2019(インドネシア・バリ)

中村文香君と新村拓哉君,続木由布子君,高橋尚紀君が国際会議IEVC 2019(インドネシア・バリ)で発表しました.

  • A. Nakamura, M. Takamatsu, S. Ishihara, E. Iwata, and M. Hasegawa, “A Study on Depth Image Generation for Road Landscape Using Semantic Segmentation and Change in Size of Moving Object,” International Conference on Image Electronics and Visual Computing (IEVC 2019), Poster, Indonesia, Aug. 2019.
  • Y. Tsuzuki, O. Masuda, and M. Hasegawa, “A Proposal of Dot Pattern Design for 3D Drawing Using A Digital Pen,” International Conference on Image Electronics and Visual Computing (IEVC 2019), Poster, Indonesia, Aug. 2019.
  • T. Niimura, Z. Zhang, H. Shinohara, and M. Hasegawa, “A Study on Thermal Image Generation from RGB Color Pictures Based on a Deep Leaning System,” International Conference on Image Electronics and Visual Computing (IEVC 2019), Poster, Indonesia, Aug. 2019.
  • N. Takahashi and M. Hasegawa, “A Study on Three-dimensional Computer Graphics Reconstruction from a Historical Old Video,” International Conference on Image Electronics and Visual Computing (IEVC 2019), Poster, Indonesia, Aug. 2019.

https://www.iieej.org/en/ievc2019/

修士2年の中村です.今年は自分が以前から大好きだったバリ島での学会発表ということで,旅行とはまた違った雰囲気を楽しむことができました.発表にはたくさんの方が来てくださり,たくさんの意見やアドバイスをいただきました.おもしろい内容だと言ってくださる方や,参考にしたいと言っていただくこともあり嬉しかったです.また一つ貴重な経験が出来たと思います.この機会をくださった先生と,協力してくださった皆様,本当にありがとうございました.

大学院1年の続木です。今回で2回目となる国外発表でした。インドネシアのバリ島という今の時期最高のロケーションでの学会で発表できる機会をいただき、自分の研究について深くディスカッションしました。拙い説明でしたが予想より多くの方が見に来て、自分の知らなかった知識や方法などを提案してくださったことで、これから自分の研究をどういう風に進めればよいかをじっくり考えることができました。今回香港の情勢もあり前日までバタバタしていましたがその中でも2度目の国外発表という機会を与えてくださった長谷川先生、ならびに共にバリに行き様々なところでサポートしてくれた中村さん、新村さん、高橋君、また研究室のみんな、いつも応援してくれる家族に感謝いたします。ありがとうございました。

修士1年の高橋です.私にとって初の国外の学会発表ということで緊張も普段とは比にならずより一層準備に力を入れて臨みましたが英語で少々躓いてしまう場面があり今後はもっと準備が必要だなと思いました.また,沢山の方が私の発表を見に来てくださり発表の持ち時間ずっと説明していました.その中で様々な意見を頂き今後に活かせるようなアドバイスも得ることができ,私にとって非常に有意義な学会でした.また,発表後は束の間休息ではありますが,バリ島を充分に観光でき満足で是非また行きたい国であると思いました.最後になりますが,このような機会を与えてくださった長谷川先生,その他皆様,旅中様々なサポートをしてくださった中村さん,新村さん,続木さんには多大なる感謝を申し上げます.